PASSIVE@SONAR

AGE:45 SEX:a man a married person <a href="mailto:aegis_of_aegis@excite.co.jp">私に愛を囁きたい方はこちら(笑)え?そんなひとはいない。ごもっともで。</a>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

動物園の動物は食用としても使用出来ます。・・・・っておい!

デンマークはコペンハーゲンから。

デンマークの動物園では、50匹以上のマスクラットなどの動物が、友人や家族に食べさせるため飼育係によって食肉解体されていたそうであります。
うげっ。
マスクラットって?
北米に生息するでっかいネズミの一種ですな。
ちょいと前に国内でもペットとして買われていたものが捨てられて、繁殖して問題になっていましたね。
テレビなんかで観ませんでした?
あの大きなネズミです。

なんでもこのマスクラット、一匹から4人前の肉が取れたそうで。
「家族にマスクラットの肉を食べさせるときには、事前に教えてしまうと気持ち悪がるので、なんの肉か教えてはいけません」と象の飼育係が言っていたそうな。
当たり前じゃ。

飼育係たちは、このほかにも、アンテロープ(偶蹄目ウシ科)、ガウル(インドヤギュウ)、それに日本の動物園でもあるようなふれあい広場で飼育されていたウサギや豚、鶏も食用にしていたそうで。
昨年、懲戒免職者が出て取締りがされるまで、デンマークの飼育係は、動物園の動物を食肉処理するのはよくあることだったそうでありますよ。
因みにこの行為はデンマークの法律には触れていないのだそうです。

なんだかねぇ。
気持ち悪いお話しです。
いや、肉が気持ち悪いのではなくて。
その行為自体がね。
猟奇的というか、変態的というか。
これも文化の違いですか?
草食系と肉食系の人種の差?
まさかね。(苦笑)

私は”過激”な動物愛護家ではありません。
動物愛護の基本的な姿勢は理解しているつもりですし。
でもね、本末転倒的な意見も多々見受けられますね。
盲目的な宗教じみた思想も。
捕鯨の話とかもね。
おっと、これはまた次の機会にでも。

少し関連?して、こんなお話しも。
例の直立するレッサーパンダく?んですありまよ。
マスコミで大々的に取り上げられたせいもあって、各地の動物園からも、うちも立ちますよ?ってね。
「動物を見せ物にしている!」
けしからんってな批判も出てきて参りました。
かのWWFジャパンからも商業利用にクギを刺すコメントもだされておるようで。
WWFって?
あ?、「世界自然動物保護基金」という世界最大の自然環境保護団体NGOです。
同じ略称のプロレス団体に対して名称の変更を求める訴訟を起こして勝訴した経歴があるのが有名ですな。(爆)
話が横道に・・・。
で、レッサーパンダの「風太」くんにはCMの依頼やら、写真集の出版やらそれはもう大騒ぎでありますね。
批判の声が上がるのも頷けます。
が、しかしですよ。
低迷する動物園が「風太」くんの人気で入場者数が増えたのもまた、事実であります。
動物園にすれば正しく救世主ですな。
そんな最中に北海道は旭山動物園というところが同園のホームページにこんな緊急メッセージを掲載したのだそうです。

「レッサーパンダを『見せ物』にしないでください」

ってね。
更に、昔流行った「エリマキトカゲ」くんを引き合いに出して。
え?「エリマキトカゲ」って?
あ?、お父さん、お母さんに聞いてください(笑)

「あの取り上げ方は『芸』。私達プロの側が『受けること』を続けていいのでしょうか?」

と、こんな具合。
このメッセージに賛同の意見が多数寄せられたことは言うまでもありません。
ところが。
で、あります。
「所詮は見せ物の動物園が『見せ物』と批判するとは何事だ」
と言う、反論も多数寄せられたのですねぇ。
旭山動物園は数日後に「行き過ぎた表現をお詫びします」
と謝罪文を掲載するはめになったそうであります。

一昔前の動物園ではカンガルーのボクシングやサルや象に芸を仕込んで見せ物にしていたのですものねぇ。
それが飽きられて、低迷していくことになったのですが、この旭山動物園は、動物本来の動きを引き出す「行動展示」というやり方で入園者数を急増させたところで有名なのですね。
ふむ。
多少の自信と驕り的なものがあったのかもしれません。

最近の動物園では動物の展示に自然の習性や暮らし易さを考慮した「環境エンリッチメント」という考え方なるものが広がっているそうな。
私は思うのでありますが。
経営が苦しい動物園。
動物の生態を学習するのに、動物園はとても有意義な存在だとは思います。
しかし、時代がそれを求めていないのであれば、いっそ無くしてしまえばいいのではないのでしょうか。
本当に動物達のことを思うのであればね。
過激ですか。

まったく、人間様って。
何様?
って、私も人間なんですけどね(苦笑)

  1. 2005/06/21(火) 17:25:53|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ほ?ら、これであなたは私の事を信用したくな?る。

スイスとアメリカの科学者があるホルモンを摂取すると、他人との結びつきを欲するようになる事を発見したそうであります。
人のことを信じさせる作用のある、そのホルモンとは。
その名は「オキシトシン」。

なんでも、科学誌「ネイチャー」に掲載された論文によると「オキシトシンは、特に対人関係の相互作用を通して増加する社会的なリスクを受け入れようとする意志に影響を与える」ということらしいですな。
否定的な感情が低下して他者を信用しようとする感情が高まるそうでありますよ。
このホルモンを使用して人を信じさせて騙すというように悪用されかねないと警告しておるそうな。

そもそもこの「オキシトシン」というホルモンはよく知られているそうな。
女性ホルモンの一種だそうで。
乳頭が刺激されることによりこのホルモンの分泌が高まり、乳管の平滑筋を収縮させて乳汁を排泄させる作用があるとか。
また、分娩時にも産道の刺激によって分泌が高まり、子宮平滑筋というところの収縮を増強することにより児を下降させる手助けをするそうな。
更には、「抱擁」ホルモンとも呼ばれているそうで。
セックスの時のオーガズムの際に分泌されるそうであります。
そうなんですね、人間の愛に深く係わりがあるホルモンなようですな。
男女の愛の結びつきにも係わりがあると同時に、親子の結びつきにも深い係わりがあるそうですよ。

私は思うのですよ。
このホルモンを、自分の子供が愛せない、虐待をしてしまう親に投与してみてはとね。
過激な意見ですかね(苦笑)
でもね、そんなことをする親はきっとこのホルモンの分泌が著しく低下しているのではないかとね。
一度、試してみる価値はあると思うのですが。
どうでしょう。


  1. 2005/06/05(日) 13:34:47|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

模倣犯?そんなアホな。

6月です。
だから?
いえ、別に(笑)

最近、気になる国内ニュ?スシリ?ズ!
そんなシリーズあったんかい!
てなことで。

先月、埼玉県でガードレールから突き出した、鋭利な金属片で大怪我をした中学生がいましたよね。
誰かが意図的に仕込んだようですな。
ところがでありますよ。
このような金属片が差し込まれたガードレールが全国の国道や剣道など、少なくとも約千七百ヵ所で確認されたそうなのです。
なんなのでしょうね。
まさか同一犯ということは考えられないでしょう。
だって、そのためのわざわざ全国行脚するのですか?
なんでも、そんな金属片をガードレールに差し込むのには家庭用具では不可能だとか。
発電機を使うような大型器具が必要らしいです。

例によって、ネットの掲示板では盛んに取り上げられておるようですが。
それだけでこんなに全国に模倣犯が広がるのもねぇ。

警察庁では同一人物や同一グループの犯行とは考えにくいと言っておるそうです。
しかし、同一犯はともかくとして、グループっていうのは考えられなくもないような気がするのは、私だけかなぁ。
なんにしても、人や自転車、バイクも自動車も、ガードレールにはご用心。
って、なんのためのガードレールやねん。

安心して道も歩けないなんて。
物騒な世の中であります。
  1. 2005/06/03(金) 14:20:35|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

精子にも課税します。そ、そんな御無体なぁ?。

デンマークからのニュースです。

世界でもっとも所得税率が高いことで有名なデンマーク。
こんなものにまで課税しようと目論んでおります。
それは。
精子銀行に精子を提供した、その報酬にであります。
ん。
報酬というのはどうかと思いますが。
精子銀行に精子を提供したドナーはお金が貰えるのだそうでありますよ。
世界最大の精子銀行「クリヨス精子バンク」はそんなことをすれば、ドナーの大半を占める学生の数が激減すると反発しておるそうですよ。
因みに精子を提供して貰える金額は。
500クラウン(約9100円)だそうな。
何パーセントの課税になるかは不明です。

デンマークに比べたら、日本の税金なんて安いものです。
ただね、その使われ方に問題があるわけですよ。
この国の政府は私達の税金をいったい何に使っているのやら。
デンマークの家庭は普通、その殆んどが夫婦共稼ぎなのですね。
何故かって、税金が高いからです。
所得のうち38%?最高60%の税金を支払っているそうですよ。
そりゃ、共稼ぎしないと食べていけないのでありますな。
消費税も25パーセントです。
たばこなんてひと箱、日本円で約1200円。
う?む。
恐るべし。

しか?し、その高い税金を支払っているおかげで医療費、教育費は基本的に無料なんですねぇ。
もちろん出産も無料です。
但し、歯科治療だけは18歳から65歳までは実費を自己負担だそうで、65歳を越えると500円程度で治療が受けられのですと。

それに失業保険も充分に支給されるそうな。
年金はと言いますと、65歳になると全員国民年金を一律同額でもらうのだそうです。
もちろん、貧困の差は関係なく、国民は皆同じ額だそうな。
そのお値段は日本円にすると平均月額18万円程度だそうです。
デンマークの皆さんは貯金はしないのであります。
ほんとですよ。
税金が高すぎてしないのではなくて、福祉が行き届いているので、貯金をする必要がないのであります。


とはいえ、デンマークの皆さんも流石に高い税率だとは思っているそうですね。
でも、皆さんきちんと支払うそうで。
だから、政府に対する監視の目が厳しいのですね。
選挙率が80から90%もあるというのはそういいことなのでしょう。

だからと言って、私は日本もそうのようになれば良いとは思いませんが。
国によって人によって考え方はそれぞれですからね。
今更、この国をそのように変えれるわけもないでしょうしね。

デンマークのように高い税金を納めているわけではないので、何もゆりかごから墓場までとは言いません。
しか?????し。
その税金の使い方。
もうちっと、何とかしてぇな。

しまいに、もったいないお化けが出てくるぞ(笑)

  1. 2005/05/26(木) 15:39:06|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

人形誘拐事件。

ロイター発、日本の事件のニュースから。
そうなんです、海外で取り上げられたニュースなんですが。
私、国内の事件なのにち?とも知りませんでした。
情けないですなぁ。
で、内容はと申しますと。

お菓子で有名な不二家さん。
そのマスコットである”ペコちゃん”人形でありますよ。
その”ペコちゃん”を合計で15対盗んだ男に対して、懲役5年半の実刑判決が下ったそうです。
”ペコちゃん”15体で推定110万円だそうな。
ロイターによれば、ペコちゃん人形はコレクターの間で人気アイテムで最近、誘拐される事件が多発していたそうであります。
ふ?ん。
知らなんだ。

カーネルおじさんよりも人気なんですねぇ。
世の中、ロリコンの男が増えたということでしょうか。
え?
違うって(笑)

不二家さんの方では盗難が多発するので対応策としてペコちゃん人形に鎖で繋ぐようにしていたそうなんですが。
これが、お客さんからはペコちゃんに対する虐待だって、声が上がっていたそうな。
虐待ですか。
では、どうすりゃいいのさ。

さて、ではこのペコちゃんっていったい何者。
てことで。
まずは名前の由来ですな。
昔、子牛のことを「べこ」って呼んでいたことからきておるそうです。
牛なんですねぇ。
もちろん、ペコちゃんは女の子。
お歳は、永遠の6歳だそうな。
ペコちゃんが誕生してから、男の子であるポコちゃんの誕生となります。
こちらの名前の由来はと申しますと。
昔から幼児のことを「ぼこ」と呼んでいたからだそうです。
こちらの年齢は永遠の7歳だそうな。
そして、気になる二人の関係は、お友達だそうです。
ペコちゃんとポコちゃんの間にいる犬がいますよね。
この犬の名前は、まだ無いらしいですよ。
不二家さんの社員の間では「ドック」って呼んでいるらしいですけれど。
正式名称はまだ無いそうです。
ペコちゃんの家族や親戚、誕生日などの設定はないそうです。
皆さんでいろいろと想像じて楽しんでくださいというところでしょうか。

人々に夢を与えるキャラクターを盗んではいけませんねぇ。
  1. 2005/05/25(水) 13:02:26|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

立った、立ったと大騒ぎ。

レッサー・パンダく???ん。
で、あります。
昔、レッサーパンダが主役の漫画がありましたね。

今、国内で話題の二本足ですっくと直立するレッサーパンダ風太くん。
イギリスの新聞でも取り上げられておりました。
最初のテレビニュースで専門家の方が、それは珍しいと語っておりましたが。
なんのことはない。
後から出るわ出るわ。
立てるのですね。
もちろん、風太くん程、長く立てるわけではないようですが。

その後、違う専門家の方が語っておられたことは、立ち上がるのは出来るということ。
しかし、二本足を交互に出して歩くのは難しいのではということです。
ところが、横浜のレッサーパンダ、デールくん。
歩きます。
両手を挙げて、ちょうど万歳するように、ぴょたん、ぴょこたん。
・・・・・・・・。
可愛い????。
ので、あります。
ええ歳こいたおっさんでも、そう思いまする(笑)

驕る無かれ、人間様。
人の叡智もしれたものですね。
まだまだ、世の中、人様の理解できないことがあるというこでしょうか。

このレッサーパンダを調べると。
どうも、完璧には解っていないようでありますよ。
よく、動物を種別で別けるじゃないですか。
界: 動物界 Animalia
門: 脊索動物門 Chordata
亜門: 脊椎動物亜門 Vertebrata
綱: 哺乳綱 Mammalia
目: ネコ目(食肉目) Carnivora
とここまではいいのですが。
この後、何々科って付くのですね。
それが、”クマ科”であったり、”パンダ科”であったり”レッサーパンダ科”であったり”アライグマ科”であったりと。
確定はしていない様子です。
私の調べ方が悪いのかもしれませんが。
生息地域は中国南部からヒマラヤにかけてですと。
ネパールからアッサムまでのヒマラヤに住む「ニシ(ネパール?)レッサーパンダ」とビルマ北部から中国南部に住む「シセンレッサーパンダ」がおるそうな。
ジャイアントパンダと同様に竹の葉を食べるそうですね。
後はたけのこや果実、昆虫や小鳥も食べるようです。
もともと、レッサーパンダがヨーロッパに正式に発表されたのは1825年の事らしいです。
発見された当初は「キツネの毛皮」と「ネコの顔」と「アライグマの尾」を持つ不思議な動物とされ、ヒマラヤギツネ・火色のキツネ・ネコグマ・ヒマラヤアライグマ・山の子・火キツネなど色々な呼び方をされましたが「パンダ」に落ち着いたそうです。
で、「パンダ」と言う呼び名の由来は、「ニャリャ・ポンガ」と言うネパール語がなまって「パンダ」になったと言われています。
学名はアイルルス・フルゲンスと言い、「炎色のネコ」「光るネコ」と言う意味が付けられています。
やはり猫なんですねぇ。
お気づきですか?
そうなんです、最初は「パンダ」と言えば、レッサーパンダだったのですねぇ。
で、ジャイアントパンダがその後、1869年に発見されるわけです。
頭骨の形・歯の本数や足の形状・生態からレッサーパンダと同じ仲間と思われ、「ジャイアントパンダ」と名前が付けられたのですね。

現在、森林伐採などの開発の影響で、生息数が急激に減少して、野生での生息数は5000頭以下と推定されるそうな。
ワシントン条約で「今すでに絶滅する危険性がある生き物」として指定され、取引が厳しく制限されているのであります。
因みに中国語でジャイアントパンダは「大熊猫」、レッサーパンダは「小熊猫」と呼ばれております。
また最近、欧米ではレッサー・Lesserの意味が「劣っている」というようなこともあり、「レッドパンダ」と呼ばれいるそうな。
別名で「FIRE FOX」とも。

いづれにしても、直立すること自体はそれほど驚くこともないようで。
しかし、可愛いのでありますね。
  1. 2005/05/23(月) 18:13:17|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

私も貴方も大当たり?!確立の常識を覆す出来事。

毎週ロト6を買を買い続けて、ささやかな夢を見ている私にはちょいと気になるニュースです。

アメリカはニューヨークから。
アメリカに「パワーボール・ロッタリー」という宝くじがあるそうなのですよ。
ロト6と同じ様に6つの数字を予想するものらしいのですが。
このくじで110人の人が6つの数字のうち5つが正解の2等に当り、賞金10万ドル(約1060万円)から50万ドル(5300万円)を獲得したそうな。

統計的な確率法則によるとですね、全米27州、ワシントンDC、バージン諸島によって運営されている宝くじの当選者は、1040万人の購入者のうち4、5人になるはずらしいのですね。
ところが、3月30日の宝くじでは、その20倍もの当選者が出てしまい、1900万ドル(約20億円)もの払い戻しをしなければならなくなったのであります。

運営会社の部長と言う方曰く。
「何かが間違っていたのです。この結果は確率の常識を超えています。だから、システム上に重大なエラーがあったのか、もしくはなんらかの不正行為を疑っているのです。宝くじ業界では、疑い深くなければなりません。統計的な異常があれば、精査します」と語ったそうです。

で、賞金を受け取りに来た当選者に対して、徹底的な質問攻めを行ったのです。
その結果、見えてきた事実とは。

つづく。

え?
嘘です。(笑)

興味深い事実が判明したのです。
最初にテネシー州でくじを買った3人の証言。
「おみくじ入りクッキーにしたがって賭けたんだよ」と話したというのですね。
そのうち同じような話が全米から集まってきたそうでありますよ
よ。
そして、テネシー州とアイダホ州の宝くじ関係者は、数十軒の中華料理屋を訪れ、クッキーの配給元がニューヨークにあることを突き止めたのです。
ニューヨークタイムズは独自取材で、それが世界最大のおみくじクッキーのメーカー、ワントン・フードであることを明らかにしたのであります。
おみくじには6つの数字が記されていて、最初の5つは、あたりクジの6つの数字の最初の5つと一致していたのですが、最後の6番目の数字が違っていたそうです。
全数字が同じなら2550万ドル(27億円)のジャックポットだったのですが。
でも、このおみくじを鵜呑みにしなかったテネシー州の男性が最高額を獲得したそうです。

問題の数字のコンビネーションのおみくじが入ったクッキーは、クイーンズの工場でなんと数十万個製造されたというではありませんか。

なんだか正しく夢のようなお話しですね。
確立上では絶対に有り得ないといいますが。
果たして、その確立というやつはどういうものなのでしょうか。
確率的はこんなことも起こりえる?(笑)
結局は”偶然”というやつをアテにするのが一番良いのかもしれませんなぁ。

そろそろ、私にも当たらないかなぁ?。







  1. 2005/05/15(日) 15:45:12|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

「見てるだけ?」でも”専門医”。そりゃないでしょ、お医者様。

何事もやる気の出ない今日この頃なイージスです。
これも五月病ってやつですか(苦笑)
ま、こんな時期もありますって。

世間のニュースでいろいろ言いたいことは山ほどありますが、有り過ぎて、頭が飽和状態であります。
でも、気を取り直しまして今日はどんなことかと申しますと。

お医者様が持つ”専門医”って言う資格のお話し。
全国のお医者様のうち約6割が持っているそうでありますな。
どんなものかって言いますと、私達一般ピープルからすると”専門医”なんて聞くと、デキルお医者様みたいなイメージがありますよね。
そう、名医みたいな。
しか?し、その実態は・・・。
ということですよ。
医学会にはいろいろな学会が存在するのですね。
「日本医学会」や「日本救急医学会」や「日本外科学会」や「日本臨床検査医学会」や・・・・。
もう、いいって?
そうなんですよ、国内で約120団体程あるのですよ。
で、その各医学会で”認定医”や”専門医”という制度をもっているわけですよ。
それぞれの団体で認定の基準は異なるのですね。
大半は過去の手術の回数や学会への出席回数を書類申請すると受験資格が得られるそうであります。
で、その試験は論文試験なんですね。
そうなんですよ、実技試験はほとんど行ってはおりません。
一人で複数の”専門医”の肩書きを持って居られるお医者様もいるのですね。
その結果、お医者様の実数よりも”専門医”の総数の方が多いそうでありますよ。
単なる肩書きですな。
これは流石に、最近の学会の間でも問題視する声が上がっているそうです。
学会でも実際に手術を執刀した医師を明確にするために「術者」の規定を改めて設けたりしているそうですが。

今回ニュースになっていたのは「日本外科学会」が「外科専門医」の資格を与えていた移植手術で有名な西日本の国立大学の教授が学会から指摘を受けて資格を返上していたことが発覚したからです。
このお医者様は執刀医として60例の移植手術を記して書類申請していたのです。
が、実際にはその現場の「統括役」として居ただけで、実際に手術を行っていないということだったらしいです。
そう、「見てるだけ?」でありますね。

どう、思われます?
それぞれの学会が独自に決めた基準で審査するのは結構ですが、その肩書きを見た我々一般人が感じる意識をもうちと考えて欲しいものですな。
それにほんとうにその実力を具えた立派なお医者様まで迷惑を被りますよね。
日本もようやく医者を我々が選ぶ時代がやって来ました。
しっかりと良いお医者様を見抜く眼を養わなければなりませんね。

人の命を預かる尊い職業を選ばれたのですからどうかしっかりとして欲しいものです。
ごたくや言い訳は聞きたくありません。
そんな、それは理想だよ?
って、いえいえ。
命の尊さを解らないお医者様は要らない。
それが嫌ならとっとと辞めてください。

と、私は思います。
  1. 2005/05/11(水) 11:30:32|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

生活の為、身体を売る人達。

少し前のニュースで、バングラディッシュで夫に捨てられた26歳の女性が生活苦のために片目を売る、と新聞広告を出したお話しがありました。

この女性には子供がひとり居るのだそうです。
実はバングラディッシュは人口1億3000万人以上の約半分は、一日に2回の食事が取れない貧困状態にあるそうな。
バングラディッシュでは、当然のことながら人体の器官の売買は禁じられているのですが、人命を救うための臓器提供は許されているのですね。
そして、家族以外の者への《提供》には金銭が絡むのは周知の事実なのだそうです。
当地では男性が金のために腎臓を売るために広告を出すことは知られているそうですが、この女性は眼球を売る広告で知られるようになった最初の女性だったそうです。

このことが世界中の注目を集めることになってしまったのですね。
すると、バングラディッシュ国内外の個人・慈善団体などがすぐに反応、シェファリさんが眼を売らずに済むよう、金銭的援助の申し出が相次いだそうなのです。
そうなると遂にバングラディッシュ政府が動いたようであります。
政府関係者が首相は自ら彼女の自宅を訪れ、政府が、住居、食糧の無料配給、教育費などの支援をすると確約しましたとコメントを発表したのでありますよ。
よかったですなぁ。
もちろん、このことによって根本的な解決になったわけではありませんが。

東南アジアでは臓器の売買はある程度当たり前になっている国があります。
それに、幼児を誘拐してその臓器を取り出し売買する組織もあると聞きます。
私が昔聞いた噂では中近東では王族や金持ちの為に海外の女児を誘拐してきたり、ヨーロッパでは売春させるために東洋人の女性を誘拐する組織もあると聞いたことがあります。
東洋の女性や女児は高く売れるそうです。
怖いですね。
このお話しはあまり深く喋るとなんですからこの辺りで。

平和ボケと飽食のこの国に生まれたことを感謝するイージスであります。
しかし、危険はすぐ隣にいるかもしれません。
気を引き締めて、道を歩きましょう。
  1. 2005/05/08(日) 13:10:44|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

嫌だナァ、こんなでっかい落し物。持って帰ってくださいね、不発弾。

本日、地元のオフィス街のど真ん中で見つかった不発弾の処理がありました。
午前中、都心が無人地帯となりました。
私は本日もお仕事、幸い影響はありませんでした。

しかし、未だ東京でも稀にあるようですな。
米国が行った無差別爆撃の置き土産でしょうか。
え?
批判はしませんよ。
我国も同じ様にどこかの国に落とした爆弾が不発で残っているやもしれませんからね。

戦後の復興の折に整地作業で見つからないものなのでしょうかね。
専門家でもないのであまり書けませんが。

仕事の合間の独りごちでした。
  1. 2005/05/03(火) 13:23:00|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

イージス

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。