PASSIVE@SONAR

AGE:45 SEX:a man a married person <a href="mailto:aegis_of_aegis@excite.co.jp">私に愛を囁きたい方はこちら(笑)え?そんなひとはいない。ごもっともで。</a>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ビリケンさんお江戸へ行く。

THE GOD OF THINGS AS THEY OUGHT TO BE.
THE GOD'S NAME IS BILLIKEN.

「万事あるがままの神。その神の名はビリケン。」
その神は言います。
「我は世界の民に幸福を授ける神なり。我を悦ばせよ。1日1回、我が足の裏をかけば我はそれにより満足するであろう。」

仕事中にニュースを見ていると、かの有名な「ビリケンさん」が男性に抱っこされて、新幹線に揺られて何処かへ連れられているではありませんか。
なんでも、東京・渋谷の東急百貨店本店の7階特設会場に来月4日まで祀られるそうな。
え?
「ビリケンさん」って?
そうですかぁ。
そりゃあ知りませんよね。
大阪生まれで大阪育ちの方ならば名前くらいは知っているのでしょうが。
でも、そんな方でも実際にお目にかかった方は少ないかもしれませんね。
まして、関西圏外の方々はご存知ないのも無理はありませんな。
では、少々解説を。

全ての人々に幸福を授けると言われている「ビリケンさん」
そのご本尊?が祀られている場所は。
大阪は新世界の通天閣の展望台。
とてもシュールな街に祀られております(笑)
さて、その容姿はといいますと。
体は丁度、赤ちゃんの体のようにぷくぷくしております。
そしてお顔は、目は細く吊り上がり、ちょこんと尖がった小さなお鼻。
そしてお口は大きめでにんまりと微笑んでおります。
お耳は福耳、そして尖がっていますね。
そう、スタートレックのスポック見たいに。
あ、顔も似ているかも。
スポックをちょいと太らせた感じです。
頭はこれまた尖がっております。
そうですなぁ、キューピーさんの頭に似ております。
足を揃えて前に投げ出して、ちょこなんとお座りになっております。
そして、その投げ出された可愛い足の裏を撫ぜると、御利益があるというわけであります。
皆さんが撫ぜるので、ご本尊の足の裏は磨り減って凹んでおります。
神様なのに浪速に庶民の皆様から「さん」付けで親しまれております。

さて、この「ビリケンさん」の由来はと言いますと。
生まれはなんとアメリカなのです。
産みの親はミズーリ州カンザス市のフローレンス・プリッツ(Ms. Florence Pretz)という女性美術教師だそうな。
彼女は1908年に「The Graftsman's Guild of Chicago(シカゴ・グラフツマン組合)」主催のコンテストに出品する作品の良い安が中々決まらずに悩んでいたそうなのですな。
そんなある晩、夢にある奇妙な生き物が出現したのだそうな。
そして、その生き物が言うには「私を彫刻で表現しなさい。私は人々に幸福を与える神なり。」と。
いや、嘘か真かは定かではありませんが(汗)
そうして、誕生したのがビリケンさんなのであります。
そして、その作品で彼女は優勝するのですねぇ。
神様の御利益か。(笑)

名前の由来は諸説あるようですが、有力なのが時の大統領であります第27代タフト大統領のファーストネーム。
「ウイリアム」と言うのですが、その愛称が「ビリー」。
そしてその愛称に”小さい”と言う意味の「ケン」を併せて「ビリケン」となったそうな。
優勝したのをキッカケに彼女は早速ビリケンさんを特許登録したのであります。
そして、貯金箱や置物を売り出したのであります。
それが地元で結構売れたのですねぇ。
それに目をつけたニューヨーク市に本社があるホースマン社(E.I.Horsman Co.)という会社が版権を買い取り、独占販売するためにシカゴに新設されたビリケン販売社(Billiken Sales Co.)と提携してビリケン人形を売り出したのであります。
そして体長約60センチの石膏製のビリケン人形が誕生し、アメリカやカナダで発売開始6ヶ月で約20万体以上も製造販売する大ヒット商品になったのです。

日本への渡来は、早くも米国での発売と同じ年、明治42年(1909年)に東京は銀座に出現しているそうな。
田村駒(株)という会社が早速これを商標登録して明治44年(1911)年に同社の広告に使用したそうでありますよ。
そして、明治45年(1912年)に大阪は新世界にオープンした「ルナ・パーク」と言うところに石膏製の「ビリケンさん」が安置されたのです。
その後、大正12年(1923年)にルナパークが閉鎖され、その時、この「ビリケンさん」の像が行方不明になってしまったのです。
1979年(昭和54年)にオイルショックで灯が落ちていた通天閣の点灯と共に今度は木彫りの「ビリケンさん」が通天閣に復活したのであります。
みんなに親しまれ愛されている福の神「ビリケンさん」のお話でした。
でもね、実際いろいろと謎な部分やら諸説あるようで。
これが真実だとは言い切れませんので、悪しからず。


それにしても、「ビリケンさん」も一応神様。
そのご本尊自ら、それも剥き出しで抱っこされて輸送するとは。
流石です。(笑)
何が流石だか解りませんが。
当初、通天閣さんもご本尊を持ち出すのは反対されたそうです。
そして、ご本尊がお留守の間、代わりにと東京側から差し出されたものは。
渋谷だけに「忠犬ハチ公」の象だそうです。
あ、因みにこちらはレプリカだそうな。



人間の弱さを助け、愛を説く宗教。
哀しいかな人は、その信じる神の違いで争い事をします。
愚かしいですな。
皆様ご一緒に「ビリケンさん」の足の裏を撫でて、世界平和を祈りましょう。







スポンサーサイト
  1. 2005/09/23(金) 13:18:17|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

あの犬、チャウチャウとちゃう?いや、チャウチャウとちゃうよ。

てなことで。
寝てました(爆)
いや、ほとんど放置状態でしたねぇ。
ま、いろいろと。

さて、久しぶりに投稿です。
暗いニュースが多いので、ほのぼのしたニュースでも。
国内のニュース。

なんでも巷では”方言”が密かに流行っているとか。
と、いっても都会の女子高生の間で。
いつものことですな。(苦笑)
しかし、私も方言は好きなのですな。
以前は仕事でいろいろと巡っていました。
いいですね、御国言葉。

私自身は関西弁なのですが。
関西弁は関西芸人のテレビ進出で巷に溢れかえって、面白くないですな。

女子高生の間に流行っているのは。
「でら」
「いくべ」
「だべ」
「せからしか」
「なまら」
等など。
会話の中に織り交ぜて使うらしいです。
ネットでも方言に変換してくれるサイトも登場しているとか。

個人的には博多弁が好きです。
特に女性に「よかろもん」なぁんて言われたら。
それだけで、ええ気持ちになれます(爆)

一度、全て大阪弁で記事をアップしてみますか。
いや、でもそれはちとしんどいですな。
変換するのが大変です(笑)
方言ブーム。
日本語が乱れてきて、変な日本語が増えるよりは良いかもしれません。
御国言葉、皆さんも自信を持ってバシバシ使いましょう。
  1. 2005/09/18(日) 15:30:37|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

イージス

08 | 2005/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。