PASSIVE@SONAR

AGE:45 SEX:a man a married person <a href="mailto:aegis_of_aegis@excite.co.jp">私に愛を囁きたい方はこちら(笑)え?そんなひとはいない。ごもっともで。</a>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ほ?ら、これであなたは私の事を信用したくな?る。

スイスとアメリカの科学者があるホルモンを摂取すると、他人との結びつきを欲するようになる事を発見したそうであります。
人のことを信じさせる作用のある、そのホルモンとは。
その名は「オキシトシン」。

なんでも、科学誌「ネイチャー」に掲載された論文によると「オキシトシンは、特に対人関係の相互作用を通して増加する社会的なリスクを受け入れようとする意志に影響を与える」ということらしいですな。
否定的な感情が低下して他者を信用しようとする感情が高まるそうでありますよ。
このホルモンを使用して人を信じさせて騙すというように悪用されかねないと警告しておるそうな。

そもそもこの「オキシトシン」というホルモンはよく知られているそうな。
女性ホルモンの一種だそうで。
乳頭が刺激されることによりこのホルモンの分泌が高まり、乳管の平滑筋を収縮させて乳汁を排泄させる作用があるとか。
また、分娩時にも産道の刺激によって分泌が高まり、子宮平滑筋というところの収縮を増強することにより児を下降させる手助けをするそうな。
更には、「抱擁」ホルモンとも呼ばれているそうで。
セックスの時のオーガズムの際に分泌されるそうであります。
そうなんですね、人間の愛に深く係わりがあるホルモンなようですな。
男女の愛の結びつきにも係わりがあると同時に、親子の結びつきにも深い係わりがあるそうですよ。

私は思うのですよ。
このホルモンを、自分の子供が愛せない、虐待をしてしまう親に投与してみてはとね。
過激な意見ですかね(苦笑)
でもね、そんなことをする親はきっとこのホルモンの分泌が著しく低下しているのではないかとね。
一度、試してみる価値はあると思うのですが。
どうでしょう。


スポンサーサイト
  1. 2005/06/05(日) 13:34:47|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

イージス

05 | 2005/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。