PASSIVE@SONAR

AGE:45 SEX:a man a married person <a href="mailto:aegis_of_aegis@excite.co.jp">私に愛を囁きたい方はこちら(笑)え?そんなひとはいない。ごもっともで。</a>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「見てるだけ?」でも”専門医”。そりゃないでしょ、お医者様。

何事もやる気の出ない今日この頃なイージスです。
これも五月病ってやつですか(苦笑)
ま、こんな時期もありますって。

世間のニュースでいろいろ言いたいことは山ほどありますが、有り過ぎて、頭が飽和状態であります。
でも、気を取り直しまして今日はどんなことかと申しますと。

お医者様が持つ”専門医”って言う資格のお話し。
全国のお医者様のうち約6割が持っているそうでありますな。
どんなものかって言いますと、私達一般ピープルからすると”専門医”なんて聞くと、デキルお医者様みたいなイメージがありますよね。
そう、名医みたいな。
しか?し、その実態は・・・。
ということですよ。
医学会にはいろいろな学会が存在するのですね。
「日本医学会」や「日本救急医学会」や「日本外科学会」や「日本臨床検査医学会」や・・・・。
もう、いいって?
そうなんですよ、国内で約120団体程あるのですよ。
で、その各医学会で”認定医”や”専門医”という制度をもっているわけですよ。
それぞれの団体で認定の基準は異なるのですね。
大半は過去の手術の回数や学会への出席回数を書類申請すると受験資格が得られるそうであります。
で、その試験は論文試験なんですね。
そうなんですよ、実技試験はほとんど行ってはおりません。
一人で複数の”専門医”の肩書きを持って居られるお医者様もいるのですね。
その結果、お医者様の実数よりも”専門医”の総数の方が多いそうでありますよ。
単なる肩書きですな。
これは流石に、最近の学会の間でも問題視する声が上がっているそうです。
学会でも実際に手術を執刀した医師を明確にするために「術者」の規定を改めて設けたりしているそうですが。

今回ニュースになっていたのは「日本外科学会」が「外科専門医」の資格を与えていた移植手術で有名な西日本の国立大学の教授が学会から指摘を受けて資格を返上していたことが発覚したからです。
このお医者様は執刀医として60例の移植手術を記して書類申請していたのです。
が、実際にはその現場の「統括役」として居ただけで、実際に手術を行っていないということだったらしいです。
そう、「見てるだけ?」でありますね。

どう、思われます?
それぞれの学会が独自に決めた基準で審査するのは結構ですが、その肩書きを見た我々一般人が感じる意識をもうちと考えて欲しいものですな。
それにほんとうにその実力を具えた立派なお医者様まで迷惑を被りますよね。
日本もようやく医者を我々が選ぶ時代がやって来ました。
しっかりと良いお医者様を見抜く眼を養わなければなりませんね。

人の命を預かる尊い職業を選ばれたのですからどうかしっかりとして欲しいものです。
ごたくや言い訳は聞きたくありません。
そんな、それは理想だよ?
って、いえいえ。
命の尊さを解らないお医者様は要らない。
それが嫌ならとっとと辞めてください。

と、私は思います。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/11(水) 11:30:32|
  2. ニュースな出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イージス

04 | 2005/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。